SAVASミルクプロテイン ココア味は美味しい?お得?再現してみた。

たんぱく質

最近、よくコンビニで見かける明治SAVASミルクプロテイン。

プロテインってクセのあるイメージ。これって美味しいのだろうか。

そして1回で約150円。健康飲料としてお得感はあるのかな?

昔のSAVAS

明治のSAVASプロテイン。スポーツ用品店や薬局に大きな袋に入っている粉状のものが有名ですが、最近はコンビニやスーパーのドリンクコーナーでよく見かけます。

昔のSAVAS(ザバス)ミルクグレープフルーツ味

旧タイプ SAVASミルクプロテイン グレープフルーツ味

2015年発売当初のSAVAS。グレープフルーツ味です。見た目もかなり違いますね。今と違ってプロテインを売りにしていません。パッケージの上の方にちょこっと書いてます。

含有量表記も目立たない。でもプロテインの量は今と同じ15gなんです。当時の14件のレビューでは★平均が2.92.あまりおいしくないというコメントが多いです。。

2016年になってリニューアル。見た目、プロテイン推しになりました。

味わってみました。

  今回はココア味を飲んでみます。

 

蓋はキャップになっていてさらに内蓋がついています。飲み口が大きいので、一気に口に入り運動後にのどの渇きをいやせそうです。

衛生上、飲み口に接触せず顔を上に向けて飲むこともできますし、キャップがついているので、途中でやめることもできます。

注いだ感じは牛乳よりも薄い感じでしょうか。脂肪ゼロだから当然ですよね。低脂肪乳のような感じです。

成分は、タンパク質15gなのでプロテインバーと同じくらい。納豆約7g+生卵約7gとも同じくらいでしょうか。ビタミンが入っているのが特徴です。

最初の感想は、「あ、薄いココアだ」という感じです。ココアというと濃厚なミルク感を想像しますが、それを水で割ったような感じです。

しかしながら、甘さはしっかり。というか甘すぎる!スポーツ後に飲みやすいさらっと感はありますが、甘いものが苦手な人には多くは飲めないかもしれません。

たとえるならば、缶コーヒーの甘さですね。私はコーヒーはブラック派なので、もうちょっと甘くないのがいいです。

同じものを作るため試してみました。

SAVASミルクプロテイン ココア味は430mlタンパク質は15g入っています。

そこで、今回はその約半分の量水220mlにプロテインのプレーン(タンパク質8g)をいれ、ココアの量を調整し味を近づけることにしました。

まずは、ココアを18g投入。

 

ココアのパッケージに推奨の作り方として水180mlにココアを18gとあったので、オリジナルの味が薄いことを考慮し、220mlの水+プロテイン8g+ココア18gでシェークしてみました。

右がSAVASです。全然色の濃さが違いますね。左の作ったものは、甘さが足りないです。甘さの面で全く違います。また牛乳感は少ないですが、脂肪分ゼロなので当然です。

そこで、はちみつ小さじ2杯、牛乳40mlを投入。

だいぶ見た目も白っぽくなり近づきました。味もかなり近い。それでもまだSAVASは甘いです。むしろ、作ったもののほうが甘くなくておいしい。もう好みの問題ですが。

ただし、牛乳なしではこのミルク感はだせないです。ココア自体の成分をみると、1杯分あたりでも1.3gの脂肪分が入ってます。Body Makeの観点では牛乳の脂肪分や、はちみつの糖質が追加されるのも気になります。

とはいえ、市販のココアを使う限りは脂肪ゼロは無理です。

結局、お得なのか?

 結論「お得」ですね。自分で作ってもプロテインとかココアとかで原価100円近くします。

美味しさと成分のバランスを実現するのは難しいです。ミルク感があるのに、脂肪分ゼロはなかなか再現できないでしょう。さらにビタミンも含まれています。甘いことは甘いですが味的には十分満足できます。

コンビニで気軽に買えるのもいいですね。甘い炭酸飲料を同じ金額で購入するのであれば、喉もうるおせられますし、タンパク質も補給できます。

同じ値段でプロテインバーを購入し口の中が「ぱさぱさ」になるよりいいのではないでしょうか。

身体づくりをしている皆様、コンビニ行ったら炭酸飲料や缶コーヒーではなく、SAVASがおすすめですよ。

タイトルとURLをコピーしました