キリン「 iMUSE 朝の免疫ケア」はヨーグルトメーカーで量産できない理由

腸活

免疫の司令塔に働くというプラズマ乳酸菌の入ったキリンiMUSE「朝の免疫ケア」。100mlで税抜き132円。毎日続けて飲むには、お金がかかりそうです。ヨーグルト味だしヨーグルトメーカーで量産できないか、ということで試してみました。

1.キリン iMUSE 朝の免疫ケアとは

キリン iMUSE  朝の免疫ケアは、2022年3月29日 全国発売された清涼飲料水です。
満足感のある飲みごたえがありながらも、すっきりとしたさわやかな味わいで、毎朝の習慣に続けやすいヨーグルトテイストです。プラズマ乳酸菌が1000億個配合されています。

機能性表示食品として国へ届出されており、届出表示は以下です。
「本品には、プラズマ乳酸菌(L. lactis strain Plasma)が含まれます。プラズマ乳酸菌はpDC(プラズマサイトイド樹状細胞)に働きかけ、健康な人の免疫機能の維持に役立つことが報告されています。」

キリンビバレッジ キリンイミューズ朝の免疫ケア100mlPET

もともとキリンでは、500mlタイプのドリンクを3種類発売していました。キリンiMUSE水、iMUSEレモン、iMUSEヨーグルトテイストです。こちらもプラズマ乳酸菌が1000憶個入っています。

ただ、朝食代わりにプラズマ乳酸菌を1000憶個摂りたいと思っても、500ml飲み切るのは大変です。そこで100mlで1000憶個摂れる「朝の免疫ケア」が発売されたものと思われます。

 

2.量産してみました。

では、ヨーグルトメーカーを使って量産してみましょう。用意するものはもちろん種菌になる「朝の免疫ケア」1本と、1000mlの牛乳、そしてヨーグルトメーカーです。

 

「朝の免疫ケア」は100mlですので、牛乳を100ml分減らし900mlの状態にします。そのうえで「朝の免疫ケア」を1本投入します。

 

次に均一になるようによくかき混ぜます。ヨーグルトメーカーに付属しているかき混ぜ棒でもいいですし、菜箸のような長いものを使ってもいいでしょう。ただし、かき混ぜるための棒は熱湯などで殺菌されていなければなりません。ヨーグルトメーカーはヨーグルトの種菌も増やしますが、雑菌も増やしてしまいます。ヨーグルトの種菌以外は混入しないよう注意しましょう。

 

ヨーグルトメーカーの自動設定では42度、9時間です。スタートボタンを押して9時間待ちます。

 

9時間後、、できませんでした。牛乳と同じく完全に液体です。さらに6時間延長しましたが、やはりできませんでした。。。味はほんのり「朝の免疫ケア」味のする牛乳です。

 

3.できない理由

なぜできないのでしょうか?実は「キリン iMUSE 朝の免疫ケア」の菌は活きていない「死菌」の状態なんです。当然ながら「死菌」を培養してもプラズマ乳酸菌は増えません。

しかしご安心ください。プラズマ乳酸菌は死菌でも免疫に作用します。プラズマ乳酸菌は通常の乳酸菌と全く別のメカニズムで作用するからです。

腸管の粘膜に住んでいるpDCがプラズマ乳酸菌を取り込むと、プラズマ乳酸菌のDNAが溶出します。このDNAに活性化スイッチをオンにする作用があるので、DNAさえ届けば菌は生きていても死んでいても関係ないとのことです。

また、生菌だからいいというわけでもなく、死菌であるメリットもあります。賞味期限を長くできますし、要冷蔵でなくても常温で保存が可能になります。

「プラズマ乳酸菌」はキリンホールディングス、小岩井乳業、協和発酵バイオが共同で研究したものです。
そのため発売している商品は、3社ですみわけをしています。
ドリンクはキリンビバレッジからキリン iMUSE 水 プラズマ乳酸菌
サプリ
はキリンホールディングスからキリン iMUSE プラズマ乳酸菌サプリメント
ヨーグルト
は小岩井乳業から小岩井 iMUSE生乳ヨーグルト
となります。

「朝の免疫ケア」はあくまでもヨーグルト味のドリンクということだったんですね。生菌にこだわるのであれば、ヨーグルトをお勧めします。

↓これもキリンビバレッジから発売されていますが、死菌を使った「ドリンク」です。
死菌。なんか言い方が嫌ですが。。。

カルピスなんかも同じです。死菌なのでスーパーの冷蔵コーナーにはおいていません。乳酸菌飲料でも冷蔵コーナーに置いてあるかどうかで、死菌を使っているかの判断はできます。もしヨーグルトメーカーで作る場合は、活きている菌を使うようにご注意ください。

では、生菌をつかえば本当に培養できるのでしょうか。
小岩井 iMUSE生乳ヨーグルト 100gであれば、プラズマ乳酸菌の「生きた菌」を使っています。こちらを種菌にしてヨーグルトメーカーで増殖すればヨーグルトはできます。

こちらがヨーグルトメーカーで作ってみた記事です。

難易度高!プラズマ乳酸菌のヨーグルト「イミューズ」をヨーグルトメーカーで量産するためのコツ
免疫力を高めると言われている「プラズマ乳酸菌」。特許もとっているようだし、なんだかよさそうです。日テレの「世界一受けたい授業」でもおススメしていました。早速、毎朝食べるヨーグルトとしてヨーグルトメーカーで量産してみよう。ということで作ったの...

 

ヨーグルトメーカーでヨーグルトを作る時の種菌は、活きた菌を使わないといけません。種菌を選ぶときは、賞味期限を見て数か月あるようなものではないか、また「ヨーグルトテイスト」の清涼飲料水ではないか、など確認しましょう。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました